こんなにある!ドライバーの種類と仕事内容

トラックドライバーの特徴

トラックドライバーの仕事は目的地まで荷物を運ぶことです。ただし、免許によって運転できる車両の最大積載量に違いがあり、仕事に合わせて必要となる免許が変わります。普通自動車免許では2トン未満、準中型自動車免許では4.5トン未満、中型自動車免許では6.5トン未満、大型自動車免許では6.5トン以上です。一般的には、積載量が多いほど運転距離が長くなりがちなため、肉体的にハードになる一方、給与が上がることも多いです。トラックドライバーの需要は比較的安定していると言われることも珍しくありません。

バスドライバーの特徴

バスドライバーは大型車両を運転する必要があり、自分以外の顧客も車両に乗せることから、「大型二種免許」が必要になります。「一種」は自分で車両を運転するためのもので、「二種」は顧客を乗せることで対価をもらうためのものという違いがあるからです。バスドライバーの種類としては、決まったルートを走ることがメインで勤務時間も安定している傾向のある「路線バスドライバー」「送迎バスドライバー」と、走行距離が長くなるため長時間走行や深夜走行も発生するが給与が魅力の「高速バスドライバー」「観光バスドライバー」が存在します。

タクシードライバーの特徴

タクシードライバーとして働く場合、バスドライバー同様に顧客を乗せることになるため「二種」の免許が必要になりますが、運転する車両は普通自動車になるので他のドライバーに比べて資格取得しやすいのが特徴です。未経験者でも活躍しやすいことも多く、自分の好きなエリアで働けるのも特徴です。しかし、勤務時間はそれなりに長い傾向があること、会社によってはノルマが設けられていること、などは頭に入れておくこといいでしょう。

愛知のドライバーの求人の中には、観光バスや貸切バス運転手の仕事があります。書類選考や面接の準備の必要がないため、気軽に応募するこができます。