役員運転手になるためにはどのようにすればよいのか?

役員運転手の求人案件に応募する

役員運転手とは、企業の役員などのVIPを専門に担当するドライバーのことです。この役員運転手になるための方法はいくつかありますが、もっとも一般的なのは求人や募集案件に応募するというものです。インターネット上の求人サイトなどを調べると、案件が掲載されている場合がありますので、見つけたらさっそく履歴書を作って提出しましょう。通常は書類選考に続いて面接が行われます。役員運転手は役員の安全を守る大事な仕事ですので、人柄や性格についても細かく審査する必要があるからです。応募に当たっては、当然ながら運転免許証を有しているということが絶対条件になりますが、それ以外に特段の資格は求められません。ただし、これまでに役員運転手として勤務した経験があったり、事故歴が無かったりするとポジティブに評価してもらえる可能性が高いため、もしそういった経歴を有している場合には、積極的にアピールするとよいでしょう。

社員になってから異動する

企業によっては、役員運転手を外部から採用するのではなく、社内の人材を異動させて役員専属のドライバーにするケースがあります。そのような企業で役員運転手として働きたいのであれば、まずは営業職などで入社して、自らの運転の腕をアピールするようにすると良いでしょう。また、単に運転がうまいというだけでは役員運転手は務まりません。担当する役員との車中での会話や送迎先の相手方とのちょっとしたコミュニケーションも役員運転手に求められる役割の一つですので、普段からきちんとやり取りできるようにスキルを磨いておくのがおすすめです。

昨今の社会問題になっている物流でのドライバー不足を解消する手立ての一つとして、派遣会社では運転手の派遣サービスを行う企業が出てきました。