外資系転職をしてから後悔しないためには何が重要なのか?

業務内容や社内での役割を把握しミスマッチを無くそう

外資系企業は、仕事の成果がそのまま収入に直結することや、年齢や性別などに関係なく社員同士でコミュニケーションが取れることから、多くの求職者の間で魅力的な転職先として位置づけられています。そうした中、外資系転職を果たしてから後悔をしないためには、転職活動中に志望企業の業務内容や採用後の社内での役割をしっかりと把握して、ミスマッチが起こらないように注意することが大切です。特に、外資系企業に初めて転職をする人は、日本企業とは異なる社内の風土や、上司や同僚との接し方について戸惑ってしまうこともあります。そこで、機会があればいくつかの外資系企業の職場を見学させてもらったり、優良企業が集まる転職フェアに参加したりするのも良いでしょう。

各企業が転職者に求めるスキルや適性を調べておこう

外資系転職は、幅広い年齢の求職者の間で活発に行われていますが、転職後にスムーズに自分の力を発揮するには、それぞれの企業が転職者に求めているスキルや適性についてよく理解することが肝心です。一般的に、採用人数が少ない外資系企業においては、国内外の企業でリーダーとして活躍をした人や、即戦力となるスキルを持つ人を優先的に受け入れているところが目立ちます。一方で、若手社員の割合が多い外資系企業では、キャリアが短くても仕事に対するバイタリティがある人が好まれることもあります。その他、自分にとって理想的な外資系企業に転職をするうえで、採用選考を受ける前に人材紹介会社やエージェントに適職診断をしてもらうのも有効です。

外資系転職では、結果主義を踏まえ、あらかじめ英語力を含めた自分のスキルを徹底して磨いておくことが大切です。