知っているようで意外と知らない?!工場の仕事とは?

工場の仕事の種類とは?

一言で工場の仕事と言っても、働く職場などによって様々な種類があります。大きく分けて3種類あり、製造ラインの作業や部品供給、ライン管理です。製造ラインの仕事は組み立てや加工、仕分けや検査を任されます。作っているものの材料を機械に投入したり、ベルトコンベアで流れてくる物を組み立てたりします。出来上がった商品や部品があれば不良品がないかなどをチェックして、ミスがないか検査することもあるのです。部品供給では作業をするスタッフが困らないように、必要な部品などを運ぶのが役割です。食材や金属など色々なものを運び、重たいものを取り扱う工場ではフォークリフトで運搬します。製造ラインを止めないように、慎重に部品を供給することが大切です。ライン管理は、製造ラインの管理者です。ラインが正常に動いているのか、一定の品質を満たしているのか管理します。製造ラインが止まってしまったときには、トラブルの解決も行います。

どんな人が工場の仕事に向いている?

工場の仕事に向いていると言われている人は、黙々と同じ作業をすることが出来る人です。物作りが好きで、長時間同じような作業をしていても飽きない人が向いていると言われています。細かい作業が好きで、自分自身で工夫しながらより良いものを作ろうという向上心がある人も工場勤務にぴったりです。また勤務時間がきちんと決まっていることが多い工場の仕事は、プライベートを大切にしたい人にも向いている仕事になります。仕事をしながら子育てに集中したい、遊ぶ時間は必ず確保したいなど、仕事とプライベートのバランスを保ちたい人にもおすすめです。

東京の工場の求人は中小企業が多いです。部品製作の職人がおおく、就職後にはモノづくりのスキルが身に付きます。