車を運転する仕事をしたい!ドライバーの仕事のメリットとデメリット

ドライバーの種類とメリット

ドライバーの仕事といっても、トラックを運転する人もいれば、タクシーやルート配送、バスなどを運転するドライバーの仕事もあります。トラックドライバーは、大型、中型、小型に別けることができ、需要も多いですし、大型なら高収入も期待できます。タクシードライバーは、経験や資格を問わない会社も多く、未経験でも就職しやすいというメリットがあります。ルート配送は、同じお店を回ったり、同じ道を通ったりするので、未経験の人でも比較的早く仕事に慣れやすいというメリットがあります。バスは、長距離の運転手なら高収入が期待できますし、送迎バスなら時間が決まっているケースが多く、自分の都合の良いタイミングで働くことも可能です。ドライバーは、一人で運転する時間が多いことからも、人間関係のストレスで悩んでいる人にも最適な環境となることもあります。

デメリットも把握して仕事選びをしよう

長距離のトラックやバスは高収入が期待できる仕事ですが、大型免許が必要ですし、体力もないと勤まりません。タクシーでは、お客さんの態度によっては、人間関係で強いストレスを感じることもありますし、会社によってはノルマがあります。ルート配送では、同じ取引先と関わることになるので、ただ荷物を運ぶだけでなく、取引先と上手くコミュニケーションをとる能力も必要になるでしょう。このように、ドライバーの仕事でも種類によって求められるスキルも異なります。車の運転が好きな人でも、仕事内容をよく確認して自分に合った仕事選びをしましょう。

京都観光に詳しくなるなら、京都のドライバーの求人に応募しましょう。京都は関西圏全域からドライバーを希望する人が集まってくる地です。