長期の就労に便利?住み込みの仕事について学ぼう!

地方から転居して働く人には最適

工場系の仕事の内、会社が用意する住居を利用する住み込みの仕事は安定した人気があります。会社が用意する住居として社宅がありますが、住み込みは社宅とは異なり、主に地方から転居して働く人を対象にしています。工場系の仕事は特定の時期が繁忙期となるので、その期間の人手不足を補うために全国から人を募ります。その際、工場のある地域に住居を用意して就労者の生活拠点として貸与するのです。一般的には会社が直営する寮が該当しますが、近年では派遣会社を経由して就労する人が増えていることから、派遣会社が管理するアパートを利用するのが一般的です。住み込みの仕事は地方から転居した人に向いている制度として、現在でも多くの工場系の求人で行われているのです。

生活拠点が安定しにくいなどの注意点もある

住み込みの仕事は地方から働きに出た人には非常に便利な制度ですが、その一方で生活拠点が仕事に依存する欠点もあります。住み込みの仕事はその仕事に従事することを条件に、一般的な相場よりも安い金額で居住施設を利用することができるのです。そのため、仕事を辞めたら退居しなければいけません。また、本人の意思とは関係無く、会社の都合で住み込み制度が廃止されるケースもあります。そうなると自分で新しい住処を探すことになるので、住み込みの仕事は安定した暮らしには繋がりにくいと言えます。地方からの就労者に関する労働トラブルの中でも、契約変更による生活拠点の喪失は大きな問題とされています。住み込みの仕事は便利な反面、安定性に欠けることを踏まえて慎重に判断することが大切なのです。

utエイムの求人情報なら