工場の仕事の探し方と働き始めるまでのステップ

工場の仕事はどうやって見つけるの?

工場の求人は主にふたつの方法で情報を集めることが出来ます。1つ目は駅やコンビニ、商業施設などに配布されている無料の求人情報誌を入手する方法です。もうひとつは、インターネットの工場勤務に特化した派遣会社の求人サイトで情報を得ることができます。工場の求人で多く募集されている職種は、自動車や家電製品の製造・食品加工・検品作業です。工場は大企業から中小企業まで、通年に渡って全国各地の工場から多数の求人があります。自分が希望する勤務地や給与待遇、勤務形態を伝えると、派遣会社が希望に沿った工場を探して紹介してくれます。

工場で働いてみよう!と決めたらどう動けば良いのか?

「この工場の職種で働いてみたい」と決めたなら、まずは派遣会社に電話かメールで連絡と取ります。働き始めるまでには3つのステップがあります。1つ目は「派遣会社の登録説明会に参加すること」です。派遣会社では随時、登録説明会が行われています。担当者から工場の仕事についての詳しい説明を受けます。この説明会のときに履歴書を渡して簡単な面接を受けます。そしてその後に正式に派遣社員の登録が完了することで、仕事を紹介してもらうことが可能になります。2つ目は「求人に関する自分の希望を伝えること」です。職種や勤務希望地などの希望を出して、派遣会社の担当者に工場の仕事を探してもらいます。紹介してくれた複数の候補の中から選択し、派遣会社から工場で働けるかどうかの連絡を待ちます。3つ目は「仕事が決まったら準備をして赴任すること」です。工場の仕事は遠方の勤務地に赴任することが多く、寮で生活することになります。生活に必要な環境は派遣会社が整えてくれるので、必要最低限な準備で簡単に赴任することが可能です。

住み込みの求人とは、職場に自宅のように住み込んで仕事を行う求人です。求人は多くはありませんが、例えばホテルのケースでは夫婦限定で募集されることがあります。