外資系転職はどうやるの?転職方法を紹介!

外資系転職に必要なスキルは?

外資系企業には優秀な人材が集まるので、求められるスキルも多いです。そこで、外資系転職ではどんなスキルが求められるのでしょうか。まず必須なのが外国語力です。主に外資系企業で使われる言語は英語であり、営業など文系職だとTOEIC900、エンジニアなどといった専門職だとTOEIC800以上は必要でしょう。また、近年は英語だけでなく、中国がアメリカ並みの市場規模にまで拡大してきているので、中国語の需要も高くなってきています。アメリカ以外の国への展開を考えている企業も多く、より有利に転職を進めたいなら英語だけでなく、もう一つ何か語学スキルを身に着けると良いでしょう。

また、国際資格も取得しておくとより有利になる傾向があります。日本の国家資格は日本国内でしか認められません。例えば公認会計士だと米国公認会計士と言うようにアメリカで通用する資格が存在しているので、海外で使える資格も取得しましょう。

転職はエージェントを使うのがおすすめ

外資系転職は日本企業での転職と同じように企業によって傾向が異なるので、企業ごとの対策が必要です。そこで、外資系で働いた経験が無い場合、自分なりの対策では十分でない可能性があります。そのため、外資系への転職を考えているなら外資系に特化した転職エージェントを利用するのがおすすめです。転職エージェントでは転職するにあたって必要な応募書類の書き方や面接のコツを教えてもらえます。今のレベルで外資系に転職できるか、足りないスキルは何かなども伝えてくれるので、客観的な意見を聞けて便利です。

外資系求人は質の高い転職エージェントや外資系専門の転職サイトに限って掲載される傾向があります。これは求人広告を出す段階で優秀な求職者を選別する意図があるのです。