トラックドライバーの仕事とは?どんな人が向いているの

トラックドライバーの仕事について

トラックドライバーの仕事は、依頼された荷物を指定の場所まで配送するというものです。取得している免許によって運転できるトラックの大きさや乗せる荷物は色々と違ってきますが、荷物を届けるという点ではどれも同じとなっています。荷物を運ぶ以外では、荷揚げや荷卸しをしたり、配達先で棚に品物を入れたり、値札などのラベルを貼ったりすることもあるようです。また、トラックドライバーには長距離を走る場合と短距離を走る場合があります。短距離は個人宅やコンビニなどへの宅配が中心となり、複数の指定先へ荷物を届けます。長距離は高速道路などを利用し、荷物を届けるために一日に600キロメートル以上走ることもあるのです。長距離の方が拘束時間が長く、走る距離が長いため、給料が高いことが多いようです。

トラックドライバーに向いている人はこんな人

トラックドライバーに向いている人、それは運転が好きな人で間違いありません。長距離ドライバーともなると、労働時間中のほとんどを車の運転に費やします。人と接するわけでもなく、一人で黙々と運転をし続けるのです。長時間単独での仕事が苦にならず、運転が大好きな人は、トラックドライバーの仕事を長い間続けていくことができます。他には、荷物は傷をつけることなく時間通りに届ける必要があるため、責任感がある人がトラックドライバーに向いているでしょう。荷物を待っている人がかならずいるため、到着時間はしっかりと守らなければなりません。一人でマイペースで働けるトラックドライバーですが、時間の管理はしっかりと行わなければいけないのです。

トラックドライバーの求人は、長距離の移動をする機会が多く、ルート営業のドライバーと比べて実務経験や運転技術などが重視される傾向があります。