薬剤師になるにはどうすればいい?将来性はあるの?

薬学部を卒業する必要がある

調剤薬局やドラッグストアに行くと薬の説明をしてくれたり相談に乗ってくれる人がいるでしょう。名札を見ると薬剤師と書かれていて、一般の販売員では販売できない薬があるときなどは呼んでもらわないといけません。薬には体への影響が強いものもあれば弱いものもあり、市販薬においては影響が強いものは薬剤師の説明が無いと販売できないようになっています。そんな薬剤師は国家資格になっていて、国家試験に合格しないとなれません。国家試験を受ける条件を得るのも大変で、6年制の薬学部を卒業しないと受験資格が得られません。薬学部に入っていない人がこれから薬剤師になろうとすると少なくとも6年以上はかかるので、かなりなるのが大変な資格と言えるでしょう。

将来的に安定して働けるか

将来の仕事として薬剤師になろうとするとき、薬学部に入学するための勉強が必要です。薬剤師を志そうとするときには将来性についても考えておくと良いでしょう。薬剤師になると薬の調剤などの仕事ができるようになり、主な職場として調剤薬局や病院、その他ドラッグストアなどがあります。高齢化社会においては医療は必要不可欠になるため、医療に必要な薬に関する仕事はなくならないでしょう。薬剤師は女性が多い資格とも言われ、調剤薬局や医療機関においても女性の薬剤師が多く働いています。結婚や出産で仕事を辞めた時にキャリアが途切れるのが心配になるかも知れませんが、育児休業などを取得できる職場が多いので仕事が続けやすいですし転職もしやすいでしょう。

薬剤師のシニア求人が増えているのは、年齢に問わず活躍できるからです。調剤薬局や診療機関にとっては頼もしい存在と言えるでしょう。